宇都宫氏纲

编辑:探求网互动百科 时间:2020-04-08 19:33:49
编辑 锁定
本词条缺少名片图,补充相关内容使词条更完整,还能快速升级,赶紧来编辑吧!
宇都宫氏纲[1326年(嘉暦元年) - 1370年7月28日(建徳元年/応安3年7月5日旧历)]下野国守护大名,公纲长子,贞纲孙。
中文名
宇都宫氏纲
国    籍
日本
出生日期
1326年
逝世日期
1370年7月28日
幼名加贺寿丸。拜领尊氏一字,改名氏纲。公纲提兵上洛,遂在南朝方作战,而氏纲留守领地,却率一族投北朝麾下。公纲在北畠显家麾下进攻镰仓的足利义诠,宇都宫家以“纪党”芳贺禅可的意见举兵援义诠,败于显家。后仍从义诠与南朝军相抗。正平六年(1351)足利尊氏、足利直义斗于关东,氏纲从尊氏,力战利根川、骏河萨埋等地。正平十八年(1363)关东管领足利基氏疑其叛,夺宇都宫家臣芳贺禅可之越后守护职,氏纲独往小山阵地谒见基氏,证己之无异心,卒赖以无事。
は鎌仓时代末期から南北朝时代にかけての武将。宇都宫氏第八代。父は宇都宫公纲。母は千叶宗胤の娘。
父が南朝侧に仕えたのに対し、氏纲は北畠顕家が上洛途上で鎌仓を攻撃したとき、顕家から离反して足利尊氏の家臣として仕えた。そして尊氏の下で武功を挙げたため、上野と越後の守护职を与えられ、鎌仓公方として赴任してきた足利基氏の家臣として仕えた。しかし上杉宪顕と対立したことから基氏の怒りを买ってその追讨を受け、守护职を剥夺された。基氏死後の1368年、これに不満を覚えていた氏纲は反乱を起こしたが、今度は基氏の子・足利氏満の追讨を受けて降伏した。一命こそ助けられたが、失意のうちに1370年7月5日に45歳で死去した。
词条标签:
政治人物 将领 人物